クレヒスにはショッピングとして履歴が残り、ショッピング枠現金化をしたことは載りません。

MENU

業者を利用でクレヒスはどうなる?

クレジットカード現金化のメリットは、1回払いを条件にクレヒスに傷がつかないことです。
クレジットカード現金化を利用する人の多くは、家族に内緒で利用しています。
一部では消費者金融での利用は一切ない中で、クレヒスを気にして業者を使ったクレジットカード現金化を利用している方もいます。

 

 

 

そもそもクレヒスって何?

 

クレヒスは信用情報機関という各金融機関が個人の借金や信用に関する情報を共用するものと、大手金融機関が自社で管理する借金の履歴情報です。
クレヒスに借入履歴が載ること自体に問題はなく、滞りなく返済をした実績を作ると借金経験のない人よりも評価が高くなります。
こうしてクレヒスは好条件融資を受けるアピール材料になる一報で、残高の多い状態や返済遅延などの事故情報があると、外部からも見られてしまい新規借入が難しくなるデメリットがあります。

 

クレジットカード現金化を利用する段階において、1回払いで支払い日までに資金調達できる目処があればクレヒスには何も問題ありません。
ただし、利用時点ではクレヒスへの影響がなくても返済遅延や貸し倒しが起こるとクレヒスに傷が付いてしまいます。
リボ払いなど長期分割を活用すると、他の借入審査を受ける際に不利になってしまうことがあるので注意しましょう。

 

 

信用情報機関の情報は個人でも取得できる

 

クレヒスの怖いところは、本人を条件に1,000円ほどの手数料を払えば誰でも取得できてしまうことです。
個人へ公開する目的は、自分のクレヒスに問題がないか確認して公平性を持つためですが、家族であれば身分証を内緒でコピーするなどして、隠れた借金がないのか確認できてしまうのです。
クレジットカードの1回払いであれば、そもそも借金ではなく買い物という扱いになるので返済遅延を起こさない限り、一切クレヒスには掲載されません。

 

 

 

キャッシング枠の細かい利用履歴も掲載されない

クレジットカードのレシートを見る人

 

キャッシング枠は限度額の範囲内で自由に借入と返済を繰り返せる特性があります。
キャッシング枠のあるクレジットカードを保有していることはクレヒスに掲載されますが、これは一般的なことなので家族に見られても不審に思われることではありません。
キャッシングをして遅延なく払っている場合は、クレヒスに細かい履歴が残らないのですが、クレジットカードの明細で詳細が載ってしまいます。
最近はWeb明細が主流になっていますが、借金を疑われてカード明細を出すように求められると立場が悪くなってしまいます。

 

クレジットカード現金化は、カード明細にもあくまでもショッピングとして履歴が残り、資金調達を連想させる内容ではありません。
高額利用すると、「これは何?」と金額を見て突っ込まれますが、仕事で必要なものなどと言い訳を用意するのが簡単です。

 

 

クレヒスは将来、車やマイホームをローンで買おうとした時に大きな影響を与えます。
返済遅延を起こさないことと、何か大きな買い物をする前に既存の未払金を一括支払いして完済すれば、それも評価ポイントのクレヒスとして扱われます。
クレヒスのことを気にしてクレジットカード現金化を利用する人は、家族をはじめ個人間で借金をバレないようにしたい人に限定されています。

 

クレヒスで評価の高い順にまとめると以下のようになります。

  1. 借金をして滞りなく返済した実績がある
  2. クレジットカードは使っているけど、他の借金はしていない
  3. 借金の残高があって滞りなく返済している(残高によって評価が変わる)
  4. 軽微な返済遅延の実績がある
  5. クレジットカード発行を含めてクレヒスに掲載される情報が一切ない真っ白な状態
  6. 長期や複数回の返済遅延、債務整理など明確な事故情報がある

 

5番のクレヒスが一切にない場合は、学生や新社会人などの若者であれば問題ありません。
30代、40代まで現金主義でクレヒスが真っ白な状態で生きていると、何かインチキをしているのではないかと疑われて住宅ローン審査に落ちるケースがあるようです。